2013年02月19日

『ある』

気温3度。風が少しだけ冷たく吹きつける。

しらかしの木の下で穴掘りに夢中。

... 「あっ!幼虫いた!」みんなで幼虫探し。

穴を掘る道具は… 木の枝を森から探してくる。

「これぐらいの太さがいいんじゃない?」

「こっちの棒の方が掘りやるいよ!」などなど

自分の自慢の棒を見せ合いっこしながら。

だれも、「スコップがないから掘れない。」

「シャベルがないから遊べない。」

なんて言わない。

 不便だとか、面倒だとか、楽(らく)したいとか、

そんなことを子ども達は遊びの中で求めていない。

ただただ、自然の中で自分が置かれた状況を純粋に

楽しんでいる。探せばなんでも見つけられる。

less is more(少なければすくないほどいい)


大人がこれからも進むべき道筋を日々子ども達に

教えてもらってます。IMG_1684.jpg
posted by shikama at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62666197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック